青汁の歴史

今や当たり前にドラッグストアなどで販売されている青汁。
実は千年もの歴史が刻まれているという事をご存知でしょうか。
日本最古の医書「医心方」にも書かれているほどです。
そして日本でそのブームが到来したのは戦前・戦後の頃。
岡山県在住の博士が飢えをしのぐために捨てられていた葉を食べたことから始まります。


飢えを凌ぐつもりでその葉を食べたにも関わらず、体の調子が良くなっていくのを不思議に思いながら、彼は気付いたのです。
「この葉自体に豊富なビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれている」と。
これが青汁の始まりになります。
それからは病院でも使用されていき、その後様々な場所で青汁の効果が徐々に広がっていきました。


そして、テレビでのCMがきっかけでその名は瞬く間に日本中へ広がりました。
初めは「不味い」というフレーズで売り出していましたが、それを確かめようと怖いもの見たさのような感じもありつつ「そんなに不味いなら一度飲んでみよう」と流行り出します。


買った人々は青汁の苦さや飲みにくさよりも「飲んでいると疲れた体が元気になる」「肌ツヤが良くなる」といった、健康面や美容面での効果がある事の方に着目し、健康のために青汁を飲むということが生活習慣の一部として根付きつつあります。
こうして、今では「どうすれば飲みやすいか」と工夫を凝らしている会社が多数あるほどになりました。


本当の青汁とは、原料がケール100%で出来ています。
しかし、ケールを用意するとなると近所のスーパーでは中々見かけることがありません。
ご自分で育てる事も出来ますが、もし、買ってしまった方が早いとお考えであれば、デパートの地下にある自然食品売り場などに生のケールがあるようです。

Copyright © 2014 青汁は手作りでできるもの? All Rights Reserved.